MENU

(11/15→11/21)食薬習慣実践!美味しく家族の心と体を整えよう

季節、月、もっと言うと、週別で体の不調が起きるメカニズムがあるのを知っていますか。

この記事では、週別に今なにを食べておくと良いかをご紹介します。

献立の参考にもなりますし、

何より台所に立つ人がその家のお医者さんなので、この知識を持って食事を作ることができれば、家族の心も体も整うこと間違いなしです!

(11/15→11/21) 今週はこんなことに気をつけよう

11月3週目は、涼しい気候が食欲を誘い、秋の味覚がおいしく感じられる時期。

ただし、栄養バランスと食事の量を気をつけることが大切です。

腸内や口腔内で悪玉菌が増えるような甘いものを控え、感染症シーズンに備えます。

「腸」と「口腔内」の細菌は連動していて、どちらかが乱れると免疫力は低下し

どちらかの調子がいいとお互いの免疫力が上がりますよ。

さらに免疫力強化のために、

抗菌作用と整腸作用のあるネギ類とキノコ類

を取り入れることを意識する用にしましょう。

(11/15→11/21) 今週の食べると良い食材はこれ

ニンニク と  マイタケ

ニンニクは超優秀な健康食材だった

ネギ属のニンニクには「アリシン」が含まれるため、強力な殺菌作用や抗ウイルス作用があります。

他にも

  • O-157菌を殺す働き
  • 毛細血管を広げて冷えの改善をする作用
  • 疲労回復

が、ありますよ。様々な健康効果を持つ食材です。

ニンニク豆知識 〜アリシンを活性化させるコツ〜

  1. みじん切り、すりおろしなど細かく刻む
  2. もっとも効果が高いのは「すりおろし
  3. 「すりおろし」に熱を加えると、がん予防の効果が期待できる成分「アホエン」に変身!

マイタケを食べて免疫機能を向上させよう

マイタケには「βーグルカン」が含まれ、免疫機能を向上し、感染症から体を守る働きがあります。

他にも、

  • ビタミンDや亜鉛、ビタミンB群などのミネラル類が豊富
  • 抗癌作用
  • 生活習慣予防
  • 疲労回復

が、あります。水溶性の栄養素もしっかり摂るためにスープにして食べるのがオススメです。

キノコ豆知識 〜美味しさと栄養価を3倍にするコツ〜

  1. とにかく「冷凍保存
  2. 生のキノコは旨み成分はほぼなし。冷凍することで細胞が壊れて旨みが作り出される。
  3. 解凍すると、旨みや水溶性ビタミンが流れ出てしまうので、調理する時は必ず凍ったまま!!

(11/15→11/21) 今週のスープ

超簡単!マイタケとニンニクのスープ

必要なもの

  1. マイタケ(その他お好みのキノコたくさん)
  2. ニンニク
  3. オリーブオイル
  4. コショウ

1.

スライスしたニンニクをオリーブオイルで

しっかり炒める。(みじん切りでもOK)

そこにマイタケとお好みのキノコをたっぷり入れて

軽く火を通す。

2.

水を入れて煮込む。

3.

塩コショウで味をととのえる。

私は自家製の「塩麹」をたっぷり入れて作ってみました。

5.

完成!

ニンニクの香りほんのり、キノコの旨みがしっかり味わえ

すんごく美味しかったです。

写真では見難いのですが「らっきょうキムチ」を一緒に食べました。「らっきょう」と「キムチ」も11月に是非取り入れて欲しい食材です。免疫を高めてくれますよ

まとめ

この記事では11月第3週に「気をつけること」「食べると良い食材」「食材を使ったスープ」について

ご紹介しました。

献立に一品に加えて、家族で美味しく健康になりましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

参考資料 「体がバテない食薬習慣」

1週間に1つずつ 体がバテない食薬習慣

この記事では、この本に書かれている内容をベースに書いています。

本にはより詳しい情報が記載されていますので、知りたい方はぜひ読んでみてくださいね。

この本について、下記記事でもご紹介しています。

よかったらシェアしてね!