MENU

(1/15→1/21)体がバテない食薬週間「尿トラブルを乗り越える」

この記事では、週別に今なにを食べておくと良いかをご紹介します。

献立の参考にもなりますし、

何より台所に立つ人がその家のお医者さんなので、この知識を持って食事を作ることができれば、家族の心も体も整うこと間違いなしです!

(1/15→1/21) 今週はこんなことに気をつけよう

ものすごく寒い日が続く時期になりました。

体は冷えていませんか?寒いからしょうがないと、そのまま放置していると

自然に改善することはなく、悪化していきます。

そして体は冷えると尿をためておく膀胱の容量が下がったり、

尿がたくさん作られるようになったりして、トイレが近くなります。

栄養をチャージして頻尿や尿もれを防ぎ、

「今日もあったかいね」と感じる体にすることが大切です!

1月第3週目のプログラムでは、2週目に引き続き

「腎」の働きをサポートしながらも体を温める食事を取り入れていきましょう

(1/15→1/21) 今週の食べると良い食材はこれ

銀杏  と  ブロッコリー

古くから「銀杏」は漢方でお墨付きの栄養たっぷり食材

銀杏に含まれる「ギンコライド」という成分が

血行を促進し、尿トラブルの改善に役立つと言われています。

その他に手足の冷え、夜間頻尿、めまい、耳鳴りにも効果的とされています。

ほかにもタンパク質、カルシウム、マグネシウムなどを含む

栄養価の高い食材です。

ブロッコリーのビタミンCはみかんの4倍

ブロッコリーには抗菌作用があるため、

頻尿に膀胱炎になりやすい人にオススメの食材です。

キャベツや白菜、ブロッコリースプラウトなどのアブラナ科の

野菜にも含まれています。

他にも抗酸化作用と解毒作用が高く、「がん予防ができる食べ物」との

研究もあります。骨を丈夫にする効果も期待できますよ!

ブロッコリー豆知識 〜無駄のない食べ方〜

  • 茎には食物繊維など栄養がたっぷり!

周りの固い部分をむいて、中の白いやわらかい部分は捨てずに食べましょう。

ビタミン類の流出を防ぐため、蒸し調理かレンジでチンがオススメです

(1/15→1/21) 今週のスープ

ブロッコリーと銀杏の卵スープ

水にブロッコリーと銀杏、イカやアサリなどお好きな魚介類を入れて

煮込みます。

味付けは塩コショウだけでも大丈夫です。

お好みでトマト缶、味噌、塩麹、ナンプラーなども合います。

最後に溶き卵をまわしいれて完成です。

塩麹の作り方は下記の記事で紹介しています↓

まとめ

この記事では1月第3週に「気をつけること」「食べると良い食材」「食材を使ったスープ」について

ご紹介しました。

前回ご紹介した食材も可能であれば引き続き取り入れるようにしてみてくださいね。

献立に一品に加えて、家族で美味しく健康になりましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

参考資料 「体がバテない食薬習慣」

1週間に1つずつ 体がバテない食薬習慣

この記事では、この本に書かれている内容をベースに書いています。

本にはより詳しい情報が記載されていますので、知りたい方はぜひ読んでみてくださいね。

この本について、下記記事でもご紹介しています。

よかったらシェアしてね!