MENU

(12/1→12/7)体の冷えが深刻な月。万病のもとを撃退しよう!

季節、月、もっと言うと、週別で体の不調が起きるメカニズムがあるのを知っていますか。

この記事では、週別に今なにを食べておくと良いかをご紹介します。

献立の参考にもなりますし、

何より台所に立つ人がその家のお医者さんなので、この知識を持って食事を作ることができれば、家族の心も体も整うこと間違いなしです!

(12/1→12/7) 今週はこんなことに気をつけよう

12月1週目は、年末に向けて気温や気圧の変化を何度か繰り返し、一週間ずつ寒さが増していきます。

冬の寒さが苦手で、

  • すぐ風邪を引く人
  • 体が温まるまで時間がかかる人

↑こんな冷え性で悩む人は、今から少しずつ対策を取って寒さの本番をむかえましょう!

本来一年のうちで1番寒い冬は、体を温めるために基礎代謝が高くなりますが

運動量が減り、筋肉が落ちてしまうと基礎代謝は上がりません。

この状態は、体が底冷えして胃腸の働きまで弱っていきます。

運動をしていない人は、せめて食薬で本格的な寒さに負けない体を作る準備をしておきましょう。

(12/1→12/7) 今週の食べると良い食材はこれ

カレーパウダー  と  ニラ 

カレーパウダーは漢方薬でも使われる優れもの

カレーパウダーは漢方薬でも使われる「生薬」がたっぷり入っています。

  • 胃薬
  • 咳止め
  • 肝臓の働きを整える
  • 冷えを改善する
  • ストレスを軽減する
  • 炎症を抑える
  • 抗菌作用がある

など、期待できる効能がこんなにもあります。

スープや炒め物、残り物にもどんどんプラスして楽しみましょう!

ニラは緑黄色野菜の中でトップクラスの「栄養王者」

ニラ独特の香りの正体は、タマネギやニンニクに含まれる血液サラサラ成分「アリシン」によるもの。

抗菌作用、疲労回復効果も高く、免疫力を高める効果があります。

冷え改善や、疲労予防にもおすすめの食材です。

また、βカロテンの含有量は野菜の中でもトップクラスで

のど、鼻、目、胃、腸など粘膜全般の強化にも働きますよ。

ニラ豆知識 〜部位ごとに切り方を変えて4倍得するコツ〜

  1. 葉先には風邪予防や、アンチエイジング効果のあるビタミンがぎっしり!!
    • 細かく刻むとビタミンが失われてしまうので、できるだけ大きくざく切りに
  2. 根元には疲労回復効果テキメンの「アリシン」が葉先の4倍!!
    • できるだけ細かく切って活性化させる、10分以内に食べるのがベスト

「葉先」=ざく切り

「根元」=細かく刻む

(12/1→12/7) 今週のスープ

カレー風!ニラの味噌汁

いつもの味噌汁に、スプーン一杯分の「カレーパウダー」をプラスするだけで完成です。

具材にネギ属のものを入れると風邪予防になるので「ニラ」の他に「タマネギ」なんかも

いっしょに入れるのがオススメです。

我が家の具材↓

  • 豚バラ
  • キャベツ
  • タマネギ
  • ニラ
愛用しているカレーパウダー

カレーパウダーは、市販されているものによって配合が違います。

お好みのもので作ってみてくださいね。

まとめ

この記事では12月第1週に「気をつけること」「食べると良い食材」「食材を使ったスープ」について

ご紹介しました。

前回ご紹介した食材も可能であれば引き続き取り入れるようにしてみてくださいね。

献立に一品に加えて、家族で美味しく健康になりましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

参考資料 「体がバテない食薬習慣」

1週間に1つずつ 体がバテない食薬習慣

この記事では、この本に書かれている内容をベースに書いています。

本にはより詳しい情報が記載されていますので、知りたい方はぜひ読んでみてくださいね。

この本について、下記記事でもご紹介しています。

よかったらシェアしてね!