MENU

混ぜるだけ!家族が虜になる「手作り発酵調味料レシピ」

ここ最近、「発酵調味料」や「麹(こうじ)」というワードをよく耳にしませんか?

何のために使うの?

正直、面倒くさそう、、

以前は私もこう思っていました。

ですが発酵調味料は、意識の高い人だけが使うものではないんです。

この記事では「簡単」「美味しく」「健康」になれる「発酵調味料」について詳しくご紹介します。

発酵調味料ってなに?

発酵調味料ってそもそも何?何のために使うの?

そんな疑問にお答えします

そもそも「発酵」とは何なのか

「発酵」と聞いて思い浮かぶものとして「ヨーグルト」「納豆」「キムチ」「チーズ」はお馴染みですよね。

発酵にも色々あり、日本酒やワイン、醤油、みりん、パンなんかもそうです。

これらは目に見えない程小さな微生物たちが、食品のタンパク質や糖質を分解し、

新しい特性を持つ食品を作り出します。 これを「発酵した」と言います。

「発酵」と「腐敗」は紙一重です。これは人間にとってメリットがあるかどうかで呼び方が変わります。

「発酵した」状態

  • 美味しくなった
  • 栄養価がアップした など

「腐敗した」状態

  • 臭くなった
  • 毒を生み出した
  • おいしくなくなった など

「発酵調味料」を使うことで生まれるメリット

食べ物を食べるとき、最も重要なのは「味」ですよね。

発酵調味料を料理に使うことで

複雑で、美味しい味(うま味)を作ることができます。

これは微生物たちが、時間をかけてせっせと分解してくれることで

多様な味を持った成分が生み出されるためです。

もちろんメリットは「味」だけではありません。

  • 腸内環境を整えて便秘解消、ダイエット効果
  • 免疫細胞を刺激して、免疫力アップ
  • 酵素が消化を助けてくれる
  • 美肌効果
  • アンチエイジング

胃腸の弱い日本人が、昔からいかにこの「発酵」に助けられていたかが分かりますね。

「発酵調味料」はこんな人におすすめ

  • 手間をかけたくない人
  • 自分の料理にいまいち自信がない人
  • 美しくなりたい人
  • 腸内環境を整えたい人

この記事でご紹介する「発酵調味料」は、とにかく手間がかかりません。

混ぜるだけです。

私自身、せっかちな上に、キッチンに長時間立っていたくないタイプ。

料理が得意なわけでもないですし、寒い季節は毎日鍋でも良いくらい面倒くさがりです。

ですが夫も子供もおり、そんなわけにはいきません。

そして私も家族も美味しいご飯を食べるのが大好き。なら、

「どうせ」作るなら、美味しくて体に良いものを作りたい

という思いから、この発酵調味料生活がはじまりました。

手作り「発酵調味料」のレシピ

今回ご紹介する、発酵調味料は下記の4つです。

それぞれをいつもの調味料の代わりに使うことができ、取り入れやすくオススメです。

  • 塩こうじ =  塩
  • 醤油こうじ = しょうゆ
  • 玉ねぎこうじ = コンソメ
  • 甘酒 = 砂糖

「米麹」と「保存容器」を準備しよう

共通して必要なのが「米麹(こうじ)」「保存容器」です。

「麹」・・蒸した穀物に麹菌を繁殖させたもの

スーパーでも売られていますし、私は米屋や、醤油蔵直営の店舗等で購入しています。

「乾燥麹」と「生麹」があれば賞味期限が長く扱いやすい「乾燥麹」がオススメです。

Amazonからも購入が可能です↓

伊勢惣 みやここうじ 1kg

保存容器も必要です。私はIKEAの瓶を使っています。可愛いくて、安い、丈夫で気に入っています。

Amazonからも購入が可能です↓

IKEA(イケア) KORKEN ふた付き容器 クリアガラス

保存容器は、キレイに洗って熱湯消毒をした清潔なものを用意するのがポイントです。

では、作っていきましょう!

手作り「塩麹」の作り方

混ぜたてホヤホヤの塩麹

まずは基本の調味料から。塩」の代わりとしてレシピに加えてみてください。

(材料)作りやすい分量

  • 乾燥米麹 200g
  • 塩  60g
  • 水 400ml

(作り方)

・清潔な容器に米麹と塩を入れてよく混ぜる。 ※麹が固まっている場合はほぐす

・水を加え、さらによく混ぜる。

・蓋をして常温で湿気の少ない場所で保存する。

・夏場は7日、冬場は10日ほどおく。

・完成するまで一日一回、清潔なスプーンなどで下からよくかき混ぜる。

・麹がやわらかくなり、甘い香りがしたらできあがり。

・冷蔵庫で保存する。

(保存期間)冷蔵6か月

仕込んでから10日後の状態です。

麹の角がとれてとろっとしてきました。

これくらいの状態になれば、完成でOK!

塩麹を使ったレシピを紹介されている記事↓

手作り「しょうゆ麹」の作り方

混ぜたてホヤホヤのしょうゆ麹

万能発酵調味料。しょうゆ」の代わりとしてレシピに加えてみてください。

(材料)作りやすい分量

  • 乾燥米麹 200g
  • しょうゆ 麹が浸るくらい

※しょうゆは添加物が入っていないものを使ってください

(作り方)

・清潔な容器に米麹を入れる ※麹が固まっている場合はほぐす

・そこに麹が浸るまで しょうゆを入れる ※麹がすぐに醤油を吸うので気持ち多めで

・蓋をして常温で湿気の少ない場所で保存する。

・夏場は7日、冬場は10日ほどおく。

・完成するまで一日一回、清潔なスプーンなどで下からよくかき混ぜる。

・麹がやわらかくなり、甘い香りがしたらできあがり。

・冷蔵庫で保存する。

(保存期間)冷蔵4か月  ※少なくなったら継ぎ足して作ることも可能

仕込んでから10日後の状態です。

麹の角がとれてとろっとしてきました。

これくらいの状態になれば、完成でOK!

しょうゆ麹を使ったレシピを紹介されている記事↓

他にもこんな食べ方がおすすめ

・山芋を焼いて仕上げにかける(レンコンもおいしい)

・マヨネーズと混ぜてディップソースに

・鮭を「甘酒」と「しょうゆ麹」で漬けて焼く

・お肉を「マーマレード」と「しょうゆ麹」で漬けて焼く

手作り「玉ねぎ麹」の作り方

作りたての玉ねぎ麹

コンソメ」の代わりとしてレシピに加えてみてください。

(材料)作りやすい分量

  • 玉ねぎ(新玉ねぎでもOK) 200g
  • 乾燥米麹  65g
  • 塩 20g

(作り方)

・清潔な容器に米麹と塩を入れてよく混ぜる

・玉ねぎをフードプロセッサーでなめらかにする。

・フードプロセッサーがない場合は、すりおろし器ですりおろすか、

包丁でみじん切りにする。

・2の玉ねぎを1に加え、さらによく混ぜる。

・蓋をして常温で湿気の少ない場所で7日ほど置く。

・完成するまで一日一回、清潔なスプーンなどで下からよくかき混ぜる。

・麹がやわらかくなり、コンソメのような香りがしてきたらできあがり。

※色も変化し、グレーっぽくなります

・冷蔵庫で保存する。

(保存期間)冷蔵4か月  

玉ねぎ麹を使ったレシピを紹介されている記事↓

手作り「甘酒」の作り方

やさしい甘味でうま味もアップ。砂糖」の代わりとしてレシピに加えてみてください。

(材料)作りやすい分量

  • 乾燥米麹  300g
  • 60度くらいの湯 500ml

(作り方)

・炊飯器に米麹と湯を入れ、よく混ぜる。

・保温ボタンを押し、炊飯器の蓋を開けたまま布巾をかける。

・6〜8時間保温する。 ※温度計で70度以上にならないようにチェックする

・最初の1時間は数回混ぜる。 ※放置すると失敗の原因に

・麹がやわらかくなり、甘い香りがしたらできあがり。

・清潔な容器に移し冷蔵庫で保存する。

(保存期間)冷蔵2週間  冷凍3か月

電気圧力鍋で作る、我が家の簡単「甘酒」

甘酒の一般的な作り方をご紹介しましたが、面倒くさがり屋の私は

布巾も、混ぜるのも、温度計も嫌なのでコレ↓で作っちゃいます。

アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 4.0L 自動メニュー90種類 2WAYタイプ グリル鍋 ガラス蓋付き レシピブック付き 業界最高出力1000W ブラック 2020年モデル PMPC-MA4-B

我が家に来てから、週5〜6で活躍してくれている アイリスオーヤマの電気圧力鍋です。

この圧力鍋にもともと搭載されている自動調理レシピの中に「甘酒」があり、

麹と水を入れてボタンを押せば、9時間後にはできあがり

この高性能圧力鍋、「しょうゆ麹」、「塩麹」も作れちゃいますよ。

まとめ

この記事では、発酵調味料についてご紹介しました。

この調味料を使って肉や魚を漬けおきしておけば、

翌日にはうま味たっぷりのメインディッシュが完成しちゃいます。

また、コンソメは化学調味料が多く使われているので「玉ねぎ麹」で代用できれば

健康的ですよね。

我が家も調味料を「発酵調味料」に代用してから、家族が美味しい!

と言ってくれる機会が増えました。

それもこの生活を続けられている理由の一つだと思います。

ぜひ発酵生活、はじめて見てくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント